メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁

規制見直しへ フィンテック対応 業態横断検討

 金融庁は、金融サービスと最新の情報技術(IT)が融合した「フィンテック」の進展に対応するため、現行の金融規制を見直す検討を始めた。現在は銀行なら銀行法が適用されるなど、業態ごとに規制があるが、「決済」などのサービスごとに業態をまたぐ横断的なルールに改めたい考えだ。年内にも勉強会を設置し、数年かけて制度のあり方を議論する。

 16日に金融庁が開いた金融審議会総会で方針を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです