メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

診療報酬

「本体」綱引き 厚労省・日医「上げ」/財務省「下げ」

診療報酬の本体部分の改定率の推移

 2018年度予算編成で焦点の一つとなっている診療報酬の改定を巡り、財務省と厚生労働省・日本医師会(日医)のさや当てが続いている。診療報酬のうち、医師や薬剤師の技術料にあたる「本体部分」について、日医などは医療機関の経営への影響を懸念しプラス改定を求めている。だが、財務省は医療費抑制のためマイナス改定を目指す姿勢を崩していない。【工藤昭久】

 「本体部分をマイナスにすると医療機関の運営ができなくなる地域が相当出てくる」。今月9日、首相官邸で…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです