メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の富士山を駆け上がる今年の「富士登山競走」では、試験的にヘルメットの貸し出しが行われた=山梨県富士吉田市役所前で7月28日、小田切敏雄撮影

 全国的な登山ブームに伴い、登山者の遭難も相次いでいる。技量だけでなく、装備品不足が原因とみられるケースも少なくない。特に頭部を守るヘルメットは、2014年の御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境)噴火以降、重要性が改めて認識された。富士山でも同様で、山梨県富士吉田市では今夏から貸し出しを始めたが、着用者は少なく、自治体はあの手この手で普及を図っている。

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1579文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 森友交渉記録 「1年間、国民だました」政府対応を非難
  5. 食中毒か 観劇中の中学生ら16人搬送 福岡の商業施設

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]