メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

「美の国あきた」を掲げる秋田県と化粧品大手の「ポーラ」は…

協定書を手に、記念撮影に臨む秋田県の佐竹敬久知事(左から2人目)とポーラの横手喜一社長(同3人目)。両脇は「ミスあきたこまち」=秋田県庁で2017年11月16日午後2時48分、山本康介撮影

 「美の国あきた」を掲げる秋田県と化粧品大手の「ポーラ」は16日、包括連携協定を結んだ。さまざまな分野での女性活躍の支援が目的で、同社と自治体のタッグは全国初という。

 協定でポーラ側は県内の大学生らに「就活メーク」を指導し、インターンシップを受け入れるなど協力する。県側はポーラ本社の社員食堂で秋田の…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文268文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  5. 灯籠下敷き 中学生死亡 飛び降り時、手かけ石落下 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです