メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相所信表明

「丁寧」「謙虚」言葉なく

参院本会議で所信を述べる安倍晋三首相=国会内で2017年11月17日午後1時35分、川田雅浩撮影

解説

 安倍晋三首相の17日の所信表明演説は、安倍内閣では最も短い。学校法人「加計学園」「森友学園」を巡る問題への言及はなく、6月に内閣支持率が急落した時から繰り返してきた「丁寧な説明」「謙虚さ」の言葉もない。今後の国会論戦に臨む真摯(しんし)さが問われる。

 政府は当初、特別国会の会期を数日間にとどめる予定で、首相の演説や実質審議を想定していなかった。演説と衆参両院の代表質問、予算委員会が実施されることになったのは、野党の反発だけではなく、与党にも懸念があったからだ。

 6月に閉会した通常国会では加計問題などへの説明が不十分なまま、与党が強引に幕引きを図り、支持率の急…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  2. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  3. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  4. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです