メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビットコイン

記者も購入 激しい乱高下に戸惑い

ビットフライヤーの取引所画面

 インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」。複数の経済誌で特集が組まれ、資産価値が1億円を超えた人を意味する「億り人」(おくりびと)がNHKの特集で紹介されたこともある。「どんなものなのだろう?」。話題の一端を知ろうと、仮想通貨を買ってみた。【高山純二/統合デジタル取材センター】

わずか2日間で20万円も値上がり、その後急落も

 仮想通貨購入の手続きは簡単だ。仮想通貨交換業の国内最大手「ビットフライヤー」(東京都港区)の場合、運転免許証やマイナンバーカードなど身元を確認できる公的証明書が必要だが、証明書を撮影・送信できるスマートフォンがあれば、インターネットで申し込み、翌日に取引もできる。資金を出し入れする銀行口座も登録しておけば便利だ。申し込みでは、価格変動など複数のリスクに同意する必要がある。

 ビットコインは10月末以降、激しい値動きをしている。ビットフライヤーによると、10月末は60万円台…

この記事は有料記事です。

残り1614文字(全文2021文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです