メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

線路覆う草 「東日本」と思い重ね 南阿蘇鉄道

雑草に覆われた線路を撮影する男性=熊本県南阿蘇村立野で2017年11月13日、野呂賢治撮影

 熊本地震からの復興工事の重機音が山あいに響きわたる中、男性(42)が南阿蘇鉄道立野駅(熊本県南阿蘇村立野)で「寂しいですね」と一人つぶやいた。ホームに立つ男性がのぞくカメラレンズの向こうには雑草に覆われた線路が延びる。本震から1年7カ月、一度も列車の走らない線路はさびて赤茶けている。

 「JRで大分から熊本に向かう途中、立野駅で降り、トロッコ列車で高森駅まで往復したんです」。5、6年前、列車の旅で立ち寄ったという。男性は今回、広島から鹿児島まで車の一人旅。その帰り、阿蘇から大分へ抜ける途中、立野駅の看板を見つけると、ふらりと足が向いた。

 男性のふるさとの宮城県亘理(わたり)町は2011年3月の東日本大震災で津波に襲われ、306人が犠牲…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです