メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

指定廃棄物の最終処分場が稼働 福島・富岡

最終処分場に搬入される東京電力福島第1原発事故で発生した放射性廃棄物=福島県富岡町で2017年11月17日午前11時8分、喜屋武真之介撮影
指定廃棄物最終処分場の位置

 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故で発生した福島県内の指定廃棄物(1キロ当たりの放射性セシウム濃度が8000ベクレル超10万ベクレル以下)などを埋め立てる同県富岡町の最終処分場に廃棄物の搬入を始めた。同原発事故起因の指定廃棄物は11都県に9月末現在で総計20万トンが一時保管されており、うち福島県は33市町村に計約17万2000トン。指定廃棄物の最終処分場稼働は全国で初めて。

 環境省は昨年、富岡町の民間の産業廃棄物処分場(9.4ヘクタール)を国有化し、指定廃棄物最終処分場に。この日午前、廃棄物を詰めたフレコンバッグを積んだトラックが到着。1キロ当たり10万ベクレル以下であることを確認した後、露天掘りの埋め立て地に下ろしていった。

 この処分場について、環境省は福島県や同町、搬入路がある楢葉町から了承を得たが、処分場隣接の両町の4行政区のうち、楢葉町の1行政区とは一部住民の反対で安全協定が未締結。一方、県内の除染で出た汚染土や1キロ当たり10万ベクレルを超える廃棄物は、福島第1原発の周辺で建設中の中間貯蔵施設に保管される。【乾達】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
  2. 与野党幹事長会談 緊張感に欠け 福山氏欠席、二階氏遅刻
  3. 台湾地震募金デマ 募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天
  4. 大杉漣さん死去 バイプレイヤーズ4、5話の放送を発表
  5. 超新星 爆発の瞬間 アルゼンチンのアマ天文家が偶然撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]