メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故

双方に過失 新事実、当局が再調査

事故直後に現場を訪れ、悲しみに暮れる中田喜美子さん(右)と夫広海さん=1988年3月、岡崎一仁撮影

 中国・上海で1988年3月24日、高知学芸高校の修学旅行生らを乗せた列車が対向列車と正面衝突し、生徒ら29人が死亡した事故で、原因は中国政府が日本側に報告した「生徒らの列車の運転士による信号見落とし」だけでなく、対向列車がダイヤより2分早く出発するミスも重なっていたことが、中国の鉄道当局の資料で明らかになった。事故直後、遺族側は対向列車の過失も指摘していたが、中国当局は事故調査に基づき生徒らの列車運転士だけに刑事罰を科して幕引きしていた。しかし実際は、その後の再調査で遺族側の主張を認めていたことになる。

 生徒らを乗せた311号列車は対向の208号列車と同一線路上を走りながら近づいていた。仮に208号が…

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです