メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市バス

運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

京都市バス

 京都市バスの車内で10月、歩行が困難な女性が2度転倒したにもかかわらず、男性運転手(33)が救護などをせずに運転を続けていたことが市交通局への取材で分かった。運転手は女性が降車する際、「毎回こけますね」と発言したという。市交通局は女性に謝罪し、運転手を乗務から外した。

 交通局によると、10月11日午後0時半ごろ、京都市上京区のバス停で、つえはついていないが足の不自由そうな成人女性が乗車。発車直後にバランスを崩して後ろ向きに転倒した。運転手は気付いたが、停車して声をかけるなどの対応をせず、運行を継続した。女性は他の乗客の助けで立ち上がったが、その後も転倒。この時も運転手は救護せずに運転を続けた。女性にけがはなかった。

 女性から相談を受けた京都府警上京署が交通局に連絡して発覚した。運転手は「よく転倒する女性がいると運転手の間で話題になっていた。転倒は特別なことでないと判断して運転を続けた」との趣旨の説明をしているという。交通局は「人としてあってはならないこと。丁寧な対応を心がけるよう指導に努めたい」としている。【大東祐紀】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・あわら市長 「キス相手」を告訴へ 恐喝未遂容疑で
  2. 東シナ海 中国軍機が日韓防空圏進入 韓国空軍、緊急発進
  3. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
  4. 訃報 丸本義直さん55歳=進和常務
  5. リニア不正受注 大手ゼネコン一斉捜索へ 大林以外3社も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]