特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

南スーダンPKO

「宿営地の上、銃弾通過」第10次隊長

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
南スーダンPKOの状況について振り返る中力修1佐=札幌市南区の陸上自衛隊真駒内駐屯地で2017年11月13日、前谷宏撮影
南スーダンPKOの状況について振り返る中力修1佐=札幌市南区の陸上自衛隊真駒内駐屯地で2017年11月13日、前谷宏撮影

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の第10次隊(昨年5~12月)で隊長を務めた札幌市の第11旅団幕僚長、中力(ちゅうりき)修1佐(49)が毎日新聞の取材に応じ、昨年7月に首都ジュバで起きた武力衝突について「銃弾が宿営地の上を通過した」などと緊迫した状況の一端を明らかにした。当時の日報に「戦闘」と記載されていたことには「一般的な定義で使った」とし、PKO参加5原則に抵触する法的な意味ではないとした。【前谷宏】

 中力1佐が昨年12月の帰国後、報道機関の単独取材に応じるのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り1299文字(全文1552文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集