侍ジャパン

韓国にサヨナラ 延長十回タイブレークの末

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-韓国】延長タイブレークの十回裏日本2死二塁、田村(左から2人目)がサヨナラ適時2塁打を放ち、チームメイトから祝福される=東京ドームで2017年11月16日、小川昌宏撮影
【日本-韓国】延長タイブレークの十回裏日本2死二塁、田村(左から2人目)がサヨナラ適時2塁打を放ち、チームメイトから祝福される=東京ドームで2017年11月16日、小川昌宏撮影

 野球の国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」が16日、東京ドームで開幕し、稲葉篤紀監督の初陣となる日本代表「侍ジャパン」が韓国と対戦し、延長十回タイブレークの末に、8-7でサヨナラ勝ちした。

 日本は三回に敵失を絡めて1点を先取。四回に逆転を許したが、3点を追う六回に山川の2ランで1点差とし、九回に押し出し四球で同点に。タイブレークとなった延長十回表には韓国に3点を奪われたものの、直後に上林の3ランと田村の適時打で4点を奪って逆転した。

 大会は日本と韓国に台湾を加えた3代表が参加。チームは24歳以下もしくは入団3年以内の選手で構成し、3人のオーバーエージ枠が認められている。17日は韓国-台湾戦、18日は台湾-日本戦が行われ、上位2チームが19日に決勝で対決する。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文750文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集