メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第1章<3> 「外事無小事」懸命の救助

事故現場を北側から遠目から臨む(「上海的不眠之夜」の映像から合成)

 上海市の人口は2015年末で約2400万人。1988年当時は約1300万人。改革開放路線も軌道に乗ってビルや家屋の建築ラッシュが進み、いたるところで道路の拡張工事が進められていた。ただ、重機などは使われておらず、多くが手作業。足場を組む際には竹が使われていた。広大な畑が続き、土壌はやせている。小川が縦横に走っているが、水はよどみ、あかが浮いていた。地元の人たちは、その水をくみ上げ、洗い物に使っていた。

 市中心部の上海駅から西13キロ。郊外にあった匡巷駅(嘉定区匡巷)。南側には川幅数メートルの川、その…

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1767文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです