メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第1章<3> 「外事無小事」懸命の救助

事故現場を北側から遠目から臨む(「上海的不眠之夜」の映像から合成)

 上海市の人口は2015年末で約2400万人。1988年当時は約1300万人。改革開放路線も軌道に乗ってビルや家屋の建築ラッシュが進み、いたるところで道路の拡張工事が進められていた。ただ、重機などは使われておらず、多くが手作業。足場を組む際には竹が使われていた。広大な畑が続き、土壌はやせている。小川が縦横に走っているが、水はよどみ、あかが浮いていた。地元の人たちは、その水をくみ上げ、洗い物に使っていた。

 市中心部の上海駅から西13キロ。郊外にあった匡巷駅(嘉定区匡巷)。南側には川幅数メートルの川、その…

この記事は有料記事です。

残り1514文字(全文1767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです