メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上海列車事故 29年後の真実

第1章<3> 「外事無小事」懸命の救助

事故現場を北側から遠目から臨む(「上海的不眠之夜」の映像から合成)

 上海市の人口は2015年末で約2400万人。1988年当時は約1300万人。改革開放路線も軌道に乗ってビルや家屋の建築ラッシュが進み、いたるところで道路の拡張工事が進められていた。ただ、重機などは使われておらず、多くが手作業。足場を組む際には竹が使われていた。広大な畑が続き、土壌はやせている。小川が縦横に走っているが、水はよどみ、あかが浮いていた。地元の人たちは、その水をくみ上げ、洗い物に使っていた。

 市中心部の上海駅から西13キロ。郊外にあった匡巷駅(嘉定区匡巷)。南側には川幅数メートルの川、その後ろに数十戸の民家。北側には田畑が広がっていた。田畑と線路の間に川のような小さな堀があった。

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです