メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外センバツ出場32校出そろう 5校が初出場
上海列車事故 29年後の真実

第1章<5> 「腰が痛くなると、事故を思い出す」

上海列車事故で犠牲になった中国人列車検査員、江意成の葬儀(「上海的不眠之夜」より)

 上海列車事故では、1人だけ中国人の死者がいる。だが、日本はおろか中国でも、その犠牲者のことはあまり報じられていない。比較的詳しかったのは、上海紙の「新民晩報」(1988年3月28日付)と「文匯報」(同3月29日付)だ。

 亡くなったのは、208号列車に検車員として乗り込んでいた長沙鉄路分局(湖南省長沙市)職員、江意成。当時の年齢を、新民晩報は37歳、文匯報は34歳と伝えている。妻・李玉蘭(当時34歳)とは「青梅竹馬」(幼なじみ)で、2人の間には1人娘の江帆(当時8歳)がいた。妻は長沙市の検査技師だった。

 江は優秀な職員で、家庭を大切にし、列車に乗る前には家事をこなして妻子の負担軽減を心がける「模範的な…

この記事は有料記事です。

残り2723文字(全文3027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  4. 運命の選考委スタート 第92回選抜高校野球 午後3時からの出場校発表をライブ中継

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです