メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求詐欺

新手の手口急増 コンビニ端末で、電子マネーに入金させ

コンビニ端末を悪用した架空請求詐欺

 有料サイトの利用料の支払いを求める架空請求詐欺事件で、詐欺グループがコンビニに設置されている「マルチメディア端末」を操作させる手口が増えている。この端末はコンサートのチケットなどを予約購入する機器だが、最近ではチャージ式電子マネーの入金も取り扱っている点に目を付けた。グループが編み出した新たな「捜査逃れ」の手口とは--。【黒川晋史、五十嵐朋子】

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1093文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです