メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求詐欺

新手の手口急増 コンビニ端末で、電子マネーに入金させ

コンビニ端末を悪用した架空請求詐欺

 有料サイトの利用料の支払いを求める架空請求詐欺事件で、詐欺グループがコンビニに設置されている「マルチメディア端末」を操作させる手口が増えている。この端末はコンサートのチケットなどを予約購入する機器だが、最近ではチャージ式電子マネーの入金も取り扱っている点に目を付けた。グループが編み出した新たな「捜査逃れ」の手口とは--。【黒川晋史、五十嵐朋子】

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです