メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

井浦新&瑛太 25日公開、映画「光」で共演 日常に潜む狂気と暴力性

映画「光」に出演する俳優の井浦新(左)と瑛太=大阪市北区で、菅知美撮影

 人間の奥底に潜む狂気を描き、直木賞作家・三浦しをんの異色作とも呼ばれる同名小説を映画化した「光」(25日公開)。中学時代に人知れず殺人を犯した主人公の信之役を井浦新、その過去をネタに信之を脅迫する幼なじみの輔(たすく)役を瑛太が演じる。

 互いに熱望していた初共演が実現した。井浦は「瑛太君には僕にはない芝居の幅広さや、ずば抜けた存在感がある。彼が演じた輔に心をえぐられた」と語る。瑛太は「新さんはただ立っているだけで、演じているキャラクターの深みを感じさせる。原作や台本を超えるすさまじい熱量と冷酷さがあった」。

 原生林が生い茂る小さな島で育った信之と輔。父親から激しい虐待を受ける輔は信之を兄のように慕うが、1…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです