メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

最上川上流域における長井の町場 国の重文的景観答申 3カ所5件は有形文化財に /山形

 国の文化審議会は17日の答申で、重要文化的景観の候補に「最上川上流域における長井の町場景観」(長井市)を選んだ。江戸時代の最上川舟運に由来する文化的景観が重要とされ、選定されると県内2件目となる。寒河江市の佐藤繊維旧紡績工場の東棟、西棟▽川西町の錦屋店舗兼主屋、内蔵▽渡辺六郎兵衛家住宅長屋門(飯豊町)--の3カ所計5件についても、有形文化財(建造物)に登録するよう答申した。

 文化庁によると、重要文化的景観に答申された場所は、最上川舟運の船着き場が設けられた地区。米沢藩の蔵が置かれ、物資の集散地・商業地として栄えた。商人が居住した通り沿いには現在も、間口が狭く、奥行きの深い短冊状の地割りが並ぶ。重要文化的景観は県内では「最上川の流通・往来及び左沢町場の景観」(大江町)が2013年3月に選ばれている。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです