メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食

イタリアンシェフが調理 総料理長・新妻さんらメニュー考案 さいたま・浦和大里小 /埼玉

「ボーノ!」おかわり カーボロネロのミネストローネをおかわりする児童たちに声をかける新妻直也さん(右端)=さいたま市南区別所7の浦和大里小で

 さいたま市南区の市立浦和大里小(引間和彦校長、児童数852人)で17日、イタリア料理店のシェフが調理した給食が出され、児童らが本格的なイタリアンを楽しんだ。

 同市教委が、地元のシェフに依頼して今年度は小中学校20校で実施する食育の一環。JR武蔵浦和駅前のレストラン「トラットリア・アズーリ」の総料理長、新妻直也さん(41)が同小の栄養士とメニューを考案した。

 新妻さんは地元の農家とともに、欧州野菜の県内での栽培の普及に努めている。その一つのカーボロネロ(黒…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文626文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]