文化審答申

国登録有形文化財、2市28件 銚子・旧西廣家住宅など /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 銚子市の「旧西廣(にしびろ)家住宅」など、県内2市にある建造物28件が国の登録有形文化財になる見通しとなった。国の文化審議会(馬渕明子会長)が17日、林芳正文部科学相に答申した。正式に決定すると、県内の登録有形文化財(建造物)は267件になる。

 西廣家は江戸末期に紀州(和歌山県)から移住し、「治郎吉」の屋号で銚子の漁業を支えた…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集