メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県立日高高校・山本さん パリ派遣、英語で教育会議 生徒が地域課題考える /和歌山

日本での活動を英語で報告する山本詩央理さん(中央)=フランス・パリのOECD本部で、和歌山県立日高高校提供

 2030年の地域社会の課題解決を目指す地方創生プロジェクトの新組織「OECD(経済協力開発機構)日本イノベーション教育ネットワーク」(事務局・東京大)主催の「生徒国際イノベーションフォーラム2017」が今年8月に東京都で開かれ、国内外の高校生ら約240人が英語で世界共通の課題について意見交換した。生徒が地域活動の中から課題を見つけ出して考え、解決策を探る「生徒中心の学び」が特徴で、将来の教育改革に向けた新たな学力を試す機会となった。

 参加者を代表して、県立日高高校2年の山本詩央理さん(17)が先月にフランス・パリに派遣された。山本…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです