瀬戸石ダム

「電源開発へ指導強化を」 市民団体が要望書 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 球磨川中流にある瀬戸石ダム(芦北町、球磨村)が、国土交通省の定期検査で8回続けて「ダム湖の堆積(たいせき)土砂で洪水被害が発生する恐れがある」と判定された問題で、市民団体「瀬戸石ダムを撤去する会」は17日、国交省九州地方整備局に対して、ダムを管理運営する電源開発への指導を強化するよう求める要望書を…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

注目の特集