メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

国軍、穏便な退陣模索 大統領処遇、不信任決議動きも

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエで起きた政変で、国軍は自宅軟禁状態に置いたムガベ大統領を穏便な形で退陣に導こうと腐心している。国軍は権限移譲の時期や手段についてムガベ氏と協議しているが、ムガベ氏は即時退陣を拒絶しており、政変の早期決着は不透明な情勢だ。

 国営放送が17日朝のニュースで伝えた軍声明は、ムガベ氏との協議が続いており「重要な進展があった。結果をなるべく早く国民に伝える」としている。

 事実上のクーデターを指揮するチウェンガ司令官らは16日、ムガベ氏と大統領府で会談。政府系メディアの…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです