広州モーターショー

各社、EV投入前倒し 中国、19年に新環境規制

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車の中国合弁会社が初公開した電気自動車(EV)のコンセプトカー=中国広州市で2017年11月17日、赤間清広撮影
トヨタ自動車の中国合弁会社が初公開した電気自動車(EV)のコンセプトカー=中国広州市で2017年11月17日、赤間清広撮影

 【広州(中国東南部)赤間清広】広州モーターショーが17日開幕し、国内外の主要メーカーが電気自動車(EV)など環境に優しい「新エネルギー車」の戦略モデルを発表した。中国政府は自動車各社に一定割合で新エネ車の生産を義務付ける新規制を2019年に導入する。EVの量産化が遅れれば世界最大の自動車市場で不利な立場に追い込まれかねず、自動車各社はいや応なく「脱ガソリン車」の流れに乗らざるを得ない状況だ。

 「20年に他地域に先行し、中国市場に(EVを)投入することを決定した」。トヨタ自動車の大西弘致専務役員はモーターショー会場でこう宣言した。トヨタがEVの具体的な発売時期を明かすのは初めてだ。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1351文字)

あわせて読みたい

注目の特集