メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レバノン

ハリリ首相が仏へ

 滞在先のサウジアラビアで突然に辞任を表明し帰国しないままだったレバノンのハリリ首相は18日、ツイッターに「空港に向かっている」と投稿し、AP通信などによるとフランスに向け出発した。

 ハリリ氏はレバノンの旧宗主国フランスでマクロン大統領と今後の対応を協議するとみられる。ハリリ氏は4日の辞任表明の際に「命を狙われている」などと発言していた。

 マクロン氏はハリリ氏が「数日から数週間」のうちにレバノンに戻るとの見通しを示したが、ロイター通信に…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文433文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです