メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

都税調「見直しを」 赤字で悲鳴

 東京都知事の諮問機関である都税制調査会(会長・池上岳彦立教大教授)は17日、返礼品狙いで利用が急増している「ふるさと納税」について「受益と負担の関係をゆがめる制度。抜本的に見直し、寄付の本来の趣旨に沿った制度に改めるべきだ」との提言を盛り込んだ答申案を公表した。

 ふるさと納税は、任意の自治体に寄付をすると、年間で2000円を超える額が、居住する自治体…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  2. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  3. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  4. 東京・六本木 「アートナイト」始まる 光の巨人も登場
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]