メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

都税調「見直しを」 赤字で悲鳴

 東京都知事の諮問機関である都税制調査会(会長・池上岳彦立教大教授)は17日、返礼品狙いで利用が急増している「ふるさと納税」について「受益と負担の関係をゆがめる制度。抜本的に見直し、寄付の本来の趣旨に沿った制度に改めるべきだ」との提言を盛り込んだ答申案を公表した。

 ふるさと納税は、任意の自治体に寄付をすると、年間で2000円を超える額が、居住する自治体…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです