メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

都税調「見直しを」 赤字で悲鳴

 東京都知事の諮問機関である都税制調査会(会長・池上岳彦立教大教授)は17日、返礼品狙いで利用が急増している「ふるさと納税」について「受益と負担の関係をゆがめる制度。抜本的に見直し、寄付の本来の趣旨に沿った制度に改めるべきだ」との提言を盛り込んだ答申案を公表した。

 ふるさと納税は、任意の自治体に寄付をすると、年間で2000円を超える額が、居住する自治体…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです