COP23

目標上積みの「タラノア対話」合意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

温室ガス削減 「パリ協定」控え18年の1年間かけ実施へ

 【ボン五十嵐和大】ドイツのボンで開催中の国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)は18日早朝(日本時間同日午後)、2020年からの新枠組み「パリ協定」の前に、各国に温室効果ガス削減目標の上積みを促す対話プロセス「促進的対話(タラノア対話)」を来年の1年間をかけて実施することで合意し、閉幕した。

 タラノア対話はCOP23議長国のフィジーと、来年のCOP24議長国のポーランドに実施権限を委ねる。その方法は、各国間の対立を避けるため公式文書化せず、フィジーなどが各国と個別に協議した結果を元に(1)今の温室効果ガス排出量の確認(2)パリ協定に向け提出した20年以降の排出削減目標が十分か検証(3)削減方法の妥当性を検討--する方針。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文727文字)

あわせて読みたい

ニュース特集