メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ジンバブエ軍

政変早期決着は不透明 大統領退陣に腐心

 【ヨハネスブルク小泉大士】アフリカ南部ジンバブエで起きた政変で、国軍は自宅軟禁状態に置いたムガベ大統領を穏便な形で退陣に導こうと腐心している。国軍は権限移譲の時期や手段についてムガベ氏と協議しているが、ムガベ氏は即時退陣を拒絶しており、政変の早期決着は不透明な情勢だ。

 国営放送が17日朝のニュースで伝えた軍声明は、ムガベ氏との協議が続いており「重要な進展があった。結果をなるべく早く国民に伝える」としている。

 事実上のクーデターを指揮するチウェンガ司令官らは16日、ムガベ氏と大統領府で会談。政府系メディアの…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文668文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです