多摩動物公園

マレーバクの赤ちゃん誕生 「ソラ」ちゃん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東南アジアに分布する希少な草食動物、マレーバクの赤ちゃんが、多摩動物公園(日野市)で生まれた。マレーバク舎の室内展示室で母子一緒に公開している。

 赤ちゃんは雌で、10月26日に母ユメと父ケンの間に生まれた。誕生日が晴天だったことから、飼育担当者が「ソラ」と名付けた。

 ソラは、体重約400キロのユメの乳を飲んで順調に成長しており、6日の測定では17.35キロだった。今回が2度目の出産のユメは、落ち…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

ニュース特集