メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民放連会長

常時同時配信法案に反対

 日本民間放送連盟の井上弘会長(TBSテレビ名誉会長)は17日の定例記者会見で、NHKが2019年度開始を目指す番組のインターネット常時同時配信を巡り、来年1月召集の通常国会で実現に必要な放送法改正案が提出される場合、「やみくもに法制化と言われると、今の時点だと反対せざるを得ない」と述べた。

     反対の理由として、NHKが設ける方針とした費用総額の上限が示されないことや、放送とネットで違う著作権を巡るルール作りの遅れなどを挙げ、「何も姿が見えていない段階だ。(配信について)国民的な納得を得るための説明も十分にない」と強調した。NHKは19年度実施に向け、来年の通常国会などでの法改正を目指している。【犬飼直幸】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
    2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
    3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
    4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
    5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです