メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンライフ

3度目の業務停止命令 高額健康商品販売

ジャパンライフが販売している磁石付きベルトと、広告やパンフレット=消費者庁で2017年11月17日、曹美河撮影

 消費者庁は17日、健康グッズ販売の「ジャパンライフ」(本社・東京都)に対し、大幅な債務超過に陥った事実を隠して契約していたことなどが特定商取引法違反にあたるとして、1年間の一部業務停止命令を出した。命令は昨年12月と今年3月に続き3度目で、極めて異例。

 消費者庁によると、ジャパンライフは「健康にいい」とする磁石付きのネックレスやベルトを100万~600万円で顧客に販売。顧客は商品を知人に勧めるなどの宣伝活動をすることで、購入価格の6%を毎年利益として得られるとして…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです