メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

地域で生きる障害者支え(その1) 車椅子の弁護士、奔走

仮設住宅で暮らす橋村ももかさん(右)を訪ねる東俊裕さん(左)。車いすが室内に入らないため、橋村さんは寝た状態で過ごすことが多い。中央は母りかさん=熊本県益城町のテクノ仮設団地で2017年10月31日、野倉恵撮影

 「看板の字、とっても味がある。ありがとうね」

 10月下旬、熊本地震の被災者約1200人が暮らす熊本県益城(ましき)町の「テクノ仮設団地」。部屋のふとんに横たわる県立特別支援学校高等部2年、橋村ももかさん(16)に熊本学園大学教授の弁護士、東(ひがし)俊裕さん(64)が笑いかけた。脳性まひで重い障害を持ち、両目のまばたきと足の動きでコミュニケーションを取るももかさん。頬を緩めると、傍らで母りかさん(45)がうなずいた。

 仮設の狭い部屋では車椅子が使えず、ももかさんは寝たきりでいることが多い。そんな暮らしも1年を超えた…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文704文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです