メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

A型事業所、相次ぐ大量解雇 障害者雇用、食い物 容易に補助金、参入急増

事業所の運営会社から倒産を告げる書類を受け取った男性=名古屋市で、塩田彩撮影

 一般就労が難しい障害者が働く「就労継続支援A型事業所」で突然の大量解雇が相次いでいる。企業の参入が相次ぎ、事業所は6年間で5倍に急増したが、公的な補助金を目当てに開業し、障害者に適切な仕事を与えない悪質な事業所も増えているとみられる。専門家は国の制度設計の不備や自治体のチェック体制の甘さが背景にあると指摘している。【上東麻子、小林一彦、塩田彩】

 愛知県で8月、A型事業所の経営に行き詰まった名古屋市の株式会社が2カ所を閉鎖し、障害者69人が仕事を失った。精神障害がある50代の男性は「誰とも話さず、容器のふたにシールを貼る作業をずっとしていた」と振り返る。週5日、4~5時間ずつ働き、月給は平均6万5000円。再就職先は見つかっておらず、6~8月分の給料は未払いだ。「障害者をばかにしている」と憤る。別の精神障害の男性(47)は一般就労で職を転…

この記事は有料記事です。

残り2119文字(全文2493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. 自民・下村政調会長、事業者への支援「義務規定に」特措法改正案

  3. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 対馬の盆踊など、国文化財指定へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです