メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジンバブエ

退陣求め「反ムガベ」集会 市民ら数万人参加

 【ヨハネスブルク小泉大士】政変のさなかにあるジンバブエの首都ハラレで18日、ムガベ大統領(93)の退陣を求める集会が開かれた。参加者は数万人規模で権限移譲を拒み続けるムガベ氏への大きな圧力となった。

 15日に蜂起した国軍と連携する退役軍人団体が主催した。ムガベ氏が長期独裁体制を敷いてきた同国で、当局が大規模な反政府集会を認めるのは極めて異例。弾圧された野党指導者や反体制活動家らも演説し、市民が通りを埋め尽くした。

 現地からの情報によると、参加者は兵士の元に「国民のために立ち上がった」と駆け寄り、装甲車を囲んで行…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです