メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

タイ・東部経済回廊(EEC) 特区に5兆円投資 「脱・中所得国」へ試練 次世代産業を誘致

 タイ政府が、同国中部の経済特区「東部経済回廊(EEC=Eastern Economic Corridor)」の開発を急ピッチで進めている。タイ経済にかつての勢いはなく、海外からの投資減少が悩みの種。EECに次世代産業の開発・生産拠点を誘致し、成長加速の起爆剤にしたい考えだ。

 首都バンコクから南東に約120キロ。高速道路を経由して車で約2時間走ると、EECの海の玄関口、レムチャバン港に着く。岸壁には複数の大型貨物船が停泊し、ふ頭にはコンテナや巨大なクレーンが並んでいた。傍らでは港湾施設の拡張工事が進む。工事の担当者は「2022年には、世界最大の貨物船が入港できる水深18・5メートルのコンテナ船停泊場が完成する」と誇らしげだ。

 この港で取り扱うコンテナは年間700万個と東京港の1・6倍。自動車も120万台を輸出している。港近くの工業団地には三菱自動車の工場があり、中東やオーストラリアに向けて出荷している。22年には年間1300万個のコンテナ取り扱いと、300万台の自動車輸出を目指す。

この記事は有料記事です。

残り1334文字(全文1781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです