メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『チョムスキー言語学講義』=ノーム・チョムスキー、ロバート・C・バーウィック著

 (ちくま学芸文庫・1080円)

飛躍を可能にする「併合」の力

 チョムスキーは昨年すなわち二〇一六年、『我々はどのような生き物なのか』、『なぜ我々だけが』という二冊の本を刊行して注目された。

 前者は、二〇一三年にコロンビア大学で行ったデューイ記念講義に基づくもので、現代言語学の展開を西洋近代思想の流れに関連づけたもの(同題の日本語版とは別)。後者は、教え子かつ共同研究者であるバーウィックとの共著で、先史考古学、集団遺伝学、進化言語学の成果から、言語の起源をほぼ八万年前としたうえで、現代言語学の最終課題を浮き彫りにしたもの。

 後者の翻訳が本書。文庫本だが初訳である。原題は、なぜ我々だけが言語を獲得したのかの意。この問題がチ…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1426文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]