メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『共依存の倫理-必要とされることを渇望する人びと』=小西真理子・著

 (晃洋書房・3240円)

分離ではない解決策を探る

 共依存という言葉は世の中に浸透しているが、実際は、共依存は精神医学で正式な病理とは認められておらず、その存在自体が疑わしいと批判されている。本書は、共依存の概念の誕生からその意味が拡張していく様子を追い、共依存を病理とする概念の背景にあるイデオロギーをあぶり出す。そして、現在の共依存をとりまく言説の裏で、見逃されてきた倫理や現実に焦点を当てる。

 共依存は「コ・アルコホリック」という語が変化したものだという。米国ではアルコール依存症者(アルコホ…

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1422文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に
  2. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  5. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]