メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『共依存の倫理-必要とされることを渇望する人びと』=小西真理子・著

 (晃洋書房・3240円)

 共依存という言葉は世の中に浸透しているが、実際は、共依存は精神医学で正式な病理とは認められておらず、その存在自体が疑わしいと批判されている。本書は、共依存の概念の誕生からその意味が拡張していく様子を追い、共依存を病理とする概念の背景にあるイデオロギーをあぶり出す。そして、現在の共依存をとりまく言説の裏で、見逃されてきた倫理や現実に焦点を当てる。

 共依存は「コ・アルコホリック」という語が変化したものだという。米国ではアルコール依存症者(アルコホリック)を支える配偶者たちが注目され、病理性を抱える者として治療が促された。コ・アルコホリックの概念は他の依存症者への対策までその範囲を広げ、共依存という概念が定着した。

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです