メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の障害者芸術

好評 仏ナント市で作品・舞台披露 盛況、連日1500人鑑賞

「瑞宝太鼓」を披露する南高愛隣会のメンバー

 日本の障害者の文化芸術の祭典がフランス西部のナント市で10月下旬に開催された。絵画や陶芸作品のほか和太鼓などのステージもあり、日本から障害者ら340人以上が参加した。ナント市は衰退した造船業に代わって文化や芸術を核にした町づくりで復興したことで知られる。連日どの会場も文化や芸術に目の肥えたナント市民で埋め尽くされた。【野沢和弘】

 知的障害者や精神障害者らの絵画や陶芸作品計900点以上を展示した「KOMOREBI(木漏れ日)展」…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2232文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです