メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の障害者芸術

好評 仏ナント市で作品・舞台披露 盛況、連日1500人鑑賞

「瑞宝太鼓」を披露する南高愛隣会のメンバー

 日本の障害者の文化芸術の祭典がフランス西部のナント市で10月下旬に開催された。絵画や陶芸作品のほか和太鼓などのステージもあり、日本から障害者ら340人以上が参加した。ナント市は衰退した造船業に代わって文化や芸術を核にした町づくりで復興したことで知られる。連日どの会場も文化や芸術に目の肥えたナント市民で埋め尽くされた。【野沢和弘】

 知的障害者や精神障害者らの絵画や陶芸作品計900点以上を展示した「KOMOREBI(木漏れ日)展」…

この記事は有料記事です。

残り2016文字(全文2232文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです