メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

被害者、特別ではない NPO法人OVA代表理事・伊藤次郎さん

 2013年からインターネットの検索連動型広告を活用し、自殺に関するキーワードを検索した人を中心に相談を受けてきた。これまでの相談者は約600人。うち約8割は10~30代だ。

 現在の社会は周囲に助けを求めるのが恥ずかしいという雰囲気があり、「助けて」と言いにくくなっている。若者がネットに書きこむ「死にたい」という言葉にはつらい気持ちの発散の意味もあるだろうが、気付いてほしいというSOSでもある。今回の事件では、誰にも言えない思いを優しく受け止め…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]