メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

代替療法は冷静に対処を=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 静岡がんセンターでは、県内の各市町を順番に訪ねる「出張がんよろず相談」を実施しています。「抗がん剤の副作用がつらい。良い対応法はないか」「がんが悪化し、これ以上の治療は無理だと宣告されたがどうすればよいか」といった相談が多いのですが、「民間療法」に関するものも少なくありません。

 「友人に、がんと診断されたと告げたら、さまざまな民間療法や健康食品を勧められて困っている」とか「3年前、手術を受けたときから民間療法を始めた。経過は順調だが、費用が高額でやめたい。しかし、やめると、がんが再発する気がして決心がつかない」といった相談もあります。

 医学的には、いわゆる民間療法を代替療法と補完療法とに分けることがあります。代替療法には、通常のがん…

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1780文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]