メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

MASTER/マスター 悪漢と警察の駆け引き 韓国の政治不信、根底に

 韓国から届いた、悪漢と警察の追いかけっこ。シナリオは二転三転、スケールも大きいので、見たらお腹(なか)がいっぱいになるようなクリミナル・サスペンス・アクション巨編なんですが、そこから韓国社会の姿が浮かび上がってきます。

 チン・ヒョンピルは、投資になると訴えてお金を集める投資会社、ワン・ネットワークの会長です。といってもその投資会社には、実体がない。キムママと呼ばれるパートナーらとともに膨大な資金を独り占めにしています。もちろん違法行為ですが、天才的なコンピュータ技師パク・ジャングンの力によって資金の動きや在処(ありか)を隠しつつ、政治家から警察に至るまで幅広く賄賂を渡しているので、警察はなかなかつかまえることができません。

 そのチン・ヒョンピルを追いかけるのが、キム・ジェミョン刑事を中心とする警察の知能犯罪捜査班。ワン・…

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1614文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?
  2. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
  3. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ
  4. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
  5. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]