メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過労死

仕事で死んだらあかん 遺児の詩に曲付けCD完成

楽譜とCDを持つ山本友英さん=宮崎市青島のホテルで2017年9月29日、塩月由香撮影

 過労自死で父を亡くした遺児が作った詩に曲を付けたCDが完成し、宮崎市内の過労死シンポジウムで17日夜、披露された。元南九州大教授で作曲家の山本友英さん(84)=高鍋町=が曲をつけた。関係者は「曲を通して多くの人に働き方を見直してもらえれば」と願っている。【塩月由香】

 曲名は「ぼくの夢」。作詞したのは自死遺族の「マー君」(年齢などは非公開)。2000年に過労自死し、公務災害認定された和歌山県の公務員男性(46)の遺児で当時小学1年生だったマー君が母親に語った言葉を基にしている。10年ほど前から一遍の詩として全国の過労死遺族らの間で大切に読み継がれてきた。

 曲は1番で「大きくなったら博士になりたい」「そしてドラえもんに出てくるようなタイムマシンをつくる」…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文998文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです