モザンビーク融資

協力銀など3000億円 鉄道開発など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ナカラ港とモアティーズ炭鉱との間で整備が進む「ナカラ鉄道」。石炭の重量に耐える日本製のレールが使われている
ナカラ港とモアティーズ炭鉱との間で整備が進む「ナカラ鉄道」。石炭の重量に耐える日本製のレールが使われている

 国際協力銀行(JBIC)と三井住友銀行などの民間銀行団は、三井物産とブラジル資源大手バーレがモザンビークで実施している鉄道・港湾開発に対し、総額27.3億ドル(約3080億円)の協調融資を行う。月内にも正式契約する。邦銀主導のアフリカ向け融資としては過去最大規模で、旺盛なインフラ需要の取り込みに金融業界も本腰を入れる。【坂井隆之】

 融資額は、JBICが10.3億ドル、民間銀行団が10億ドルで、残りをアフリカ開発銀行などが拠出する。銀行団には三井住友、みずほ、三菱東京UFJの3メガバンクに日本生命保険も加わる。JBICにとっては、海外鉄道インフラ向けの初の融資となる。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文971文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集