メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP23閉幕

石炭火力で温度差拡大

閉幕に当たり、自国の代表団メンバーとともに手を振って参加各国に感謝するバイニマラマ・フィジー首相(前列中央)=ドイツ・ボンで2017年11月18日午前6時54分、五十嵐和大撮影

 【ボン八田浩輔】18日閉幕した国連気候変動枠組み条約第23回締約国会議(COP23)では、温室効果ガスを多く出す石炭火力発電への姿勢を巡り、参加国の温度差が拡大した。来年開催されるCOP24の議長国ポーランドは、消費電力の9割を石炭火力に頼る石炭大国。世界的に「脱石炭」の潮流が強まる中、溝を埋める役割は期待できそうにない。

 今回のCOPで英国やカナダ、フランスなど20以上の国や自治体は、2030年までに石炭火力の廃止を目…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです