侍ジャパン

台湾に快勝、決勝進出 アジアプロ野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【台湾-日本】二回表日本2死、右越え本塁打を打った外崎(左)を笑顔で迎える稲葉監督=東京ドームで2017年11月18日、宮武祐希撮影
【台湾-日本】二回表日本2死、右越え本塁打を打った外崎(左)を笑顔で迎える稲葉監督=東京ドームで2017年11月18日、宮武祐希撮影

 野球の国際大会「ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は18日、東京ドームで行われ、日本代表「侍ジャパン」は台湾に8-2で快勝し、2連勝で決勝進出を決めた。台湾は2敗で予選リーグ敗退。日本は19日の決勝で、予選リーグ1勝1敗の韓国と対戦する。決勝は田口(巨人)が先発すると発表された。

 日本は先発の今永(DeNA)が6回を投…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文358文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集