日馬富士暴行

貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 横綱・日馬富士関(33)=伊勢ケ浜部屋=の前頭・貴ノ岩関(27)=貴乃花部屋=への暴行問題で、元横綱の貴乃花親方(45)が「協会に聴かれても堂々巡りだから、第三者を立てます」と法的手段も検討している。鳥取県警によって横綱への事情聴取などが進められているが、貴乃花親方の頭にはさらに日馬富士関側を相手取った民事訴訟もあるようだ。協会執行部と貴乃花親方の対立の溝も深まっている。

 協会の春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)によると、14日、日馬富士関の暴行問題が報道で発覚した際、協会は貴乃花親方と日馬富士関の師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)から事情聴取。その際、伊勢ケ浜親方が横綱の暴行を謝罪した上で「他の力士もいるので、場所後にしてくれないか」と被害届の取り下げなどを頼んだ。しかし、貴乃花親方は拒否をし続け、「協会に聴かれても堂々巡りだから、第三者を立てます」と法的手段…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文747文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集