連載

高麗屋襲名・三代の肖像

松本幸四郎家(高麗屋)の三代そろっての襲名興行が、来年1、2月の東京・歌舞伎座を皮切りに全国で催される。松本幸四郎が二代目松本白鸚(はくおう)、市川染五郎が十代目幸四郎、松本金太郎が八代目染五郎を名乗る。1981年には初代白鸚、九代目幸四郎、七代目染五郎の襲名興行が同座で行われた。37年ぶりの慶事を控えた3人を3回で紹介したい。

連載一覧

高麗屋襲名・三代の肖像

/中 市川染五郎改め十代目松本幸四郎 継承と同時に改革の道を模索

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
=竹内紀臣撮影
=竹内紀臣撮影

 歌舞伎界の大名跡、松本幸四郎を1、2月の東京・歌舞伎座で十代目として襲名する。同時に父の幸四郎が二代目松本白鸚、長男の松本金太郎が八代目市川染五郎を継ぐ。

 父の九代目幸四郎、祖父の初代白鸚襲名と同時に自身が染五郎を襲名したのは1981年。37年ぶりの慶事となる。

 「三代が同時代に現役でなければできない奇跡的なことです。3人の新たなるスタートであると思っています」

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1176文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集