民間ロケット

国内初、宇宙空間へ 来春にも2号機 大樹のベンチャー社長が打ち上げ意欲 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高度約20キロで緊急停止した小型ロケット「MOMO(モモ)」の初号機=大樹町で7月30日、竹内幹撮影(リモートカメラ使用)
高度約20キロで緊急停止した小型ロケット「MOMO(モモ)」の初号機=大樹町で7月30日、竹内幹撮影(リモートカメラ使用)

 民間単独では国内初の宇宙空間到達を目指す大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が、2度目の小型ロケット打ち上げに向けて機体製造などの準備を本格化させている。稲川貴大社長(30)は毎日新聞の取材に、2号機を年明け早々にも完成させて、「来春にも打ち上げたい」と意気込みを語った。【鈴木斉】

 イ社は7月30日、大気圏と宇宙空間の境界とされる高度100キロ超えに挑み、同町から観測ロケット「MOMO(モモ)」初号機を打ち上げた。しかし高度約20キロで機体損傷による通信トラブルが起きたためエンジンを緊急停止させ、機体は海上に落下。目標は達成できなかった。

 機体損傷の原因究明と同時に、異常発生までの66秒間に得られた成果を確認し、9月に新機体「MOMO2号機」の設計に着手。今月に入って製造作業を開始した。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1038文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集