メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

益田鈍翁と掃雲台=小田原支局長・澤晴夫 /神奈川

 小田原市板橋に、三井物産の創始者と言われ、茶の湯を趣味に「数寄者(すきしゃ)」として知られた益田鈍翁(どんのう)の別邸「掃雲台」があったことを知った。敷地は旧東海道沿いの平地から相模湾を望む高台にかけ、約3万坪もあったというのだが、いまは「掃雲台入口跡」と小さな石碑があるだけで、建物も施設も現存していない。

 掃雲台のことを知ったのは、同じ板橋の「松永記念館」で開かれている特別展「益田鈍翁と横井夜雨(やう)」に、鈍翁の事績として紹介されていたことだった。茶人として鈍翁を号したが、本名は孝。1904(明治37)年ごろに掃雲台を建設した。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです