メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

益田鈍翁と掃雲台=小田原支局長・澤晴夫 /神奈川

 小田原市板橋に、三井物産の創始者と言われ、茶の湯を趣味に「数寄者(すきしゃ)」として知られた益田鈍翁(どんのう)の別邸「掃雲台」があったことを知った。敷地は旧東海道沿いの平地から相模湾を望む高台にかけ、約3万坪もあったというのだが、いまは「掃雲台入口跡」と小さな石碑があるだけで、建物も施設も現存していない。

 掃雲台のことを知ったのは、同じ板橋の「松永記念館」で開かれている特別展「益田鈍翁と横井夜雨(やう)…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです