メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

県保護司会連合会の会長11年目 小林聖仁さん /長野

小林聖仁さん

立ち直りを信じて 小林聖仁さん(74)=岡谷市

 県保護司会連合会の会長を務めて今年で11年目。面談などを通して仮出所者や保護観察中の少年らの更生を支える非常勤の国家公務員、保護司になってから38年、約80人の少年少女と関わってきた。

 父も住職で保護司だった。戦後の食糧難の時代、米や芋煮を鍋いっぱいに用意し大勢の子どもたちに振る舞っていた。食事時になると寺に駆け込んでくる子どもたちと、彼らを優しく見守る父の姿を見て、僧侶の役目は困っている人を助けることだと思っていた。

 住職になっていた30代半ば、近所に住む保護司が引退することになり、周囲から保護司になることを勧めら…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです