中部・北陸実業団対抗駅伝

トヨタV4 貫禄の大会新 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4連覇を果たし、ニューイヤー駅伝への抱負を語るトヨタ自動車の佐藤敏信監督(右)=田原市で
4連覇を果たし、ニューイヤー駅伝への抱負を語るトヨタ自動車の佐藤敏信監督(右)=田原市で

 19日に田原市で開催された第57回中部・第47回北陸実業団対抗駅伝競走大会(毎日新聞社など共催)で、地元のトヨタ自動車(田原市)が大会新記録の4時間5分35秒で4連覇を果たした。大会は来年元日に群馬県で開かれる第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)の予選会を兼ね、トヨタを含む県勢6チームが出場権を獲得した。

 トヨタ自動車の佐藤敏信監督は「前半遅れて課題は多い。ニューイヤー駅伝は前回2位で、最大の目標は王座奪還。田原市をアピールしたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文506文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集